人生を面白くする本物の教養

気がつけば、このブログは2年も放置。 閲覧数も大してないし、自分の思考のまとめとしてちょっと書いてみようかと。 50代半ばになって、人生はますます面白くなっている。 映画、音楽、絵画、読書、武道、スポーツと興味のおもむくまま、いろんなことに手を出してきた。 それが全部結びついてきて、何を観ても、何をやっても応用が利いたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフェルノ

ダン・ブラウン著 越前敏弥訳 『インフェルノ』上下 角川書店 2013年 う~ん、まあ面白くなくはなかった。微妙な表現。 最初からスピード感はあるものの、「何これ?」というような、無理な出だし。 ダンテの『神曲』をテーマにしたはいいものの、ちょっとこれも無理な雰囲気。 やれやれと読みつつ、下巻に入るとなかなか意外な展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不格好経営

南場智子著 『不格好経営 -チームDeNAの挑戦』 日本経済新聞出版社 2013年 満足度高い快著。 マッキンゼーを退職した数名で、ネットオークションサイトを運営する企業を起業。 次々に集まる個性あふれる猛者たち。 事業拡大に伴い、次々降り掛かる艱難辛苦を乗り越え、年商2000億の大企業に成長。 短文で構成される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

採用基準

伊賀泰代著 『採用基準』 ダイヤモンド社 2012年 著者は、経営コンサルタント会社マッキンゼー出身のコンサルタント、人材育成、採用マネージャー  マッキンゼーの採用基準というか、これからのグローバル社会で求められるじんざいは、 1   リーダシップがあること 2  地頭がいいこと 3  英語ができること …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリード

面白かった。 スピード感、臨場感抜群。 台詞の後に、内面の描写を入れる文体が、それを可能にしている。 リーマンショックの舞台裏での、強欲なものたちのスリリングな駆け引き。 『ハゲタカ』以降、ずっとこのシリーズのファン。 上下2巻を3日で読破。 前3作に比べ、重さがなく、鷲津がちょっとカッコ良すぎだけど、満足しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100円のコーラを1000円で売る方法

すっごく面白かった。 スピーディーでユーモアのあるストーリー展開。 埋め込められた経営理論のエッセンス。 ためになり、楽しめた。 会計ソフトウェア会社の商品企画部を舞台。 バリバリの営業出身の主人公宮内久美。 宮内は顧客中心主義で猪突猛進に突き進もうとする。 部長与田誠は、この道の達人。 与田の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口説きの技術

  「女性を口説くということ、世間を口説くということ」をテーマにした本。   著者は、山路徹氏。   大桃美代子、麻木久仁子の前夫。不倫騒動で世間をにぎわせたらしい。   世間からモテる男とされているが、特に女性を口説くハウツーや決まり文句はない。     著者自身が対人関係で心がけているのは、   「聞き上手」にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソルト

評価:★★★ お気楽なアクションものと思って観ていたら、途中までストーリーの予想がはずされまくり、「えっ!? あれっ!? こんなのあり!? 今の時代こんな映画作っていいの?」って感じでスリリングでした。 これまた気になって最後まで釘付けで観てしまいました。 アクション自体は普通かな。というか、アクション映画観すぎ(?)でア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告白

評価:★★★ 映画の演出的には相当面白かった。 ええっ、どうなるの? 続きが気になってしかたがなかった。 斬新なカメラワークや「ここで笑っていいの?」というようなちょっとしたくずしもあり、最後まで飽きなかった。 しかし、、、、、。 救いのない殺伐とした映画。観賞後気分が曇った。はぁ。 なんでこんな映画作ったのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランスポーター

評価:★★★★  これはイケタ!  この手のものとしては、『ナイト&デイ』に次いで楽しめた。  ストーリー展開、アクション、美女。どれもよい。  難をいえば、後半アクションが派手過ぎ、007を観ている気分だった。  そして、ストイックでナゾを秘めた素敵な主人公が、最後正義の味方みたいになってしまうとこが残念。   もう少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日輪の遺産

評価:★★☆  途中までは断然面白かった。  戦争終結間際、マッカーサーがフィリピン独立のためにしたためていたお宝をごっそり日本に持ち帰っていたものを、戦後日本の復興資金にするため、二人の将校と曹長が密命を受け、お宝を隠す。  経営が行き詰まったやさぐれ不動産屋と家庭崩壊の危機にあるボランティア男性が、残された手帳を読み進める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵はバーにいる

評価:★★★★  映画の予告編を観て、面白そうだと思ってたけど、気がついたら上映が終わっていた。  書店の本棚の端で何だか「買え、買え」と迫っているような気がして購入。  20代前後、よくハードボイルドの本を読んだり、映画を観た。  たいていは探偵がひょんなことから事件に足をつっこみ、敵にボコボコにされるが、一発逆転、事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地明察

評価:★★★★★  これは面白かったです。  最近読んだ本の満足度1位。  登場人物が皆軽妙で、躍動感を感じました。  関孝和なんて、日本史の教科書で名前を知っていただけだけど、カッコよく描かれていました。  これ全部、実際の話をもとにしているんですね。ウィキペディアで検索したら、そのままの展開。  うーんドラマティック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

許されざる者

評価:★★★ もともとクリント=イーストウッドのマカロニ・ウェスタンが大好きだった。 無論ジーン=ハックマンのフレンチ・コネクションシリーズも大好き。 わが映画鑑賞人生の二大スターの競演。 これぞ西部劇! なんだけど主役、悪役ともに老けたなぁ。 熟成した西部劇です。 モーガン=フリーマンがいいですね。 観る映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオハザード

評価:★★★ 展開は結構ドキドキしながら楽しめました。 記憶喪失の女性が次第に記憶を取り戻していくとともに、陰謀が明らかに。 人間がスライスされる場面はちょっと目をそむけたくなりました。 ゾンビ犬はまあよかったけど、ゾンビがちょっと、、、。2002年の映画だからしかたない? 絶望感なラストだったけど、次作に続くわけですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイレット

評価:★★★★ ほのぼのよかったです。 前半これは何の話なの? と思いながら観ていましたが、 後半急テンポでいろんなことが起こり、あっという間に 時間が過ぎました。 モーリーのピアノコンテストでのバーちゃんの励まし。 よかった。 最後ウォッシュレットの場面ではもらい泣きしてたんだけど...。 ラストは秘密。 観てよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インセプション

評価:★★★★☆ 見応えがありました。 古くは筒井康隆の七瀬シリーズ、パプリカ。夢枕獏のサイコダーバーシリーズ。 深層心理の世界を映像化できる時代が来るなんて。 ドキドキワクワクしながら、SFXを楽しめる作品。 何が現実で、何が夢の世界か。最後まで楽しめます。 胡蝶の夢。 インセプション [Blu-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイト&デイ

評価:★★★★★ 今年観たビデオでは現在のところ一番楽しめた。 陳腐な言い方だが、息もつけないスピード感あふれるアクションの連続。 トム=クルーズが常に危機に巻き込まれているにも関わらず、冷静でユーモアがあるのが不自然だけど、そこはヒーローのかっこよさ。 キャメロン=ディアスが銃撃戦中に「最高にセッ○スしたい」というようなセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コープスブライド

 いつぞや、NHKの『シネマ堂本舗』で『コープスブライド』の紹介を観たとき、当初なんて暗いアニメなのかと思った。  しかし、骨だけの犬のかわいらしい動きや死体の花嫁の目にすむ虫がユーモラスだったで、いつか気が向いたら観てみようとは思っていた。  ついに観た。面白かったです。  結婚式を控えた主人公ビクターが、花嫁に誓いをたてる予行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小宮式 知的アウトプット術 一瞬でまとめて、書く力

 ブログ更新をずっと放置してしまっていた。  意外にブログ作成に時間がかかっていたからかも。  ちょっと文章を考えていると10分、20分すぐ経ってしまう。  アウトプット力が低いのだ。  しかし、『小宮式 知的アウトプット術』を読んで、再びアウトプットに挑戦。   アウトプットしなければアウトプットは上達しない。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more