100円のコーラを1000円で売る方法

すっごく面白かった。
スピーディーでユーモアのあるストーリー展開。
埋め込められた経営理論のエッセンス。
ためになり、楽しめた。

会計ソフトウェア会社の商品企画部を舞台。
バリバリの営業出身の主人公宮内久美。
宮内は顧客中心主義で猪突猛進に突き進もうとする。
部長与田誠は、この道の達人。
与田のアドバイスを受けながら、方向修正し、成長していく宮内。
続編につながるような終わり方もニクい。

満足度120%

続編を購入したことは言うまでもない。

100円のコーラを1000円で売る方法
中経出版
永井 孝尚

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 100円のコーラを1000円で売る方法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック