テーマ:日記

秘伝兵法二十七番

 先日古本屋で戸部新十郎『秘伝兵法二十七番』購入。  今日読了しました。  塚原ト伝の「一の太刀」、針ヶ谷夕雲の「相抜け」、佐々木小次郎の「燕返し」など名だたる剣豪の極意の解説。  読んでいるとワクワクしますが、実際見てみたいところです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『武道の心で日常を生きる』読みました。

 『武道の心で日常を生きる―「身体脳」を鍛えて、肚を据える』 読み終わりました。  この本は、一般向けの本。宇城憲治氏の企業家としての一面がよくわかりました。それにしても継電器の開発のため、そのルーツをたどるために辞書と首っ引きでドイツ語文献にあたるなんてすごい。徹底していますね。  また一つの仕事の開発過程を同時に考え、かつ短期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『武術空手の知と実践』読み終わりました

 『武術空手の知と実践―相対の世界から絶対の世界へ』読み終わりました。  今まで読んだ宇城氏の本の中で、武術空手に関して一番専門的な感じがしました。  面白いことがたくさん書いてあったけど、一番印象に残ったのは、「呼吸」についてです。  「相手の呼吸をはかるのが目。吐く時めじりがたれる。…」  「空手を稽古している人たちの呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『武術を活かす』読み終わりました

 宇城憲治先生の『武術を活かす―型ですべてが解ける!』読み終わりました。  技のすごさについては、「百聞は一触にしかず」ということで、実際体験してみないとわかならにと思うのですが、野球、ラグビー、フットボール他高校・大学などかなり広い分野で指導されていることにあらためて驚きました。  お嬢さん、息子さんのインタビューも興味深く読みま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

女王の教室

 昨日、今日と『女王の教室』を再放送していますね。観ていますか?  朝食時から観ていたのですが、つい見入ってしまい、すぐ2時間くらいたってしまう。 家の大掃除ができなくなるので、テレビを切ってみないようにしています。  あとでDVDでまとめて観よう。 女王の教室 DVD-BOX  ああいう先生がいたらいいなぁ。  他から何を…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

経済学のお勉強

 とりあえずマクロ経済学の勉強からはじめました。  書店でわかりやすそうなものを購入。  見覚えのあるグラフや数式が並んでいて、懐かしかった。  この本にしたのは、著者のHP『経済学入門塾』で、Q&Aや練習問題、最新の経済事情等 フォローアップがしっかりしているからです。  一応同じシリーズでミクロ経済学も買っておきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済学検定を受けてみようかと

 英語の勉強もそこそこ続いてはいるんだけど、かといって英検を受ける気もしない。  なにか頭にいい刺激はないかと考え、初級シスアドでも受けようかと考えた。  まあそれもいいかど、経済学検定というのがあるときき、ちょっと興味が。  経済学部出身で、経済理論や経済学史が好きだったんです。  卒業後、たまに専門書を買っていたけど、今はも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

どんどん注目を浴びる「火の呼吸」

  『知っとこ!』 (毎週土曜日あさ8時~9時25分)10月1日放送で、ダイエット専門雑誌フィッテ編集長桜井志賀子さんは、場所をとらない、道具がいらない、お金がかからないことから、火の呼吸がブームになると予想 したそうです。  詳しくは、「火の呼吸公式ホームページ」の記事(http://www.kundalini.jp/news.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テストで高得点を得る方法

 現代催眠関係で本を探していたら、松岡圭祐氏の『「超」心理バイブル―相手を自由自在に操る法』が文庫本ながら面白かった。  一見下世話な本のようにみえるけどかなり理論的かつ実践的。  「あっち向いてホイ!に必ず勝つ方法」、「会話相手に百パーセント好印象を残す方法」、「電車でどの席が空くかを予測できるワザ」等、興味を引く話題が満載。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康のためなら死んでもいい?

 健康ブームですね。「ロハス」なんて言葉もよく聞くようになりました。  しかしテレビのみならず、雑誌などをみても、「カラダにいいこと」ばっかり。「健康」の押し売り状態ですね。    健康のためなら死んでもいい!!  って感じ。  だけどナマケモノは、ちょっと健康法をかじっても長続きしません。  だからいつまでも次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミルトン・エリクソン入門

 ひさびさに現代催眠の話。『ミルトン・エリクソン入門』という本を読みました。これがメチャクチャ面白かった。  ミルトン・エリクソンの治療法はかなり変わっている。不眠症の患者に、何が一番嫌いかと聞いて、「そうじ」という答えを引き出すと、眠れないときには、一晩中そうじしなさいと指示を出す。患者はそうじに疲れて寝てしまった。ほとんど笑い話。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40歳からの「3秒間」集中力鍛錬法

 「虚空蔵求聞持法」で検索してみると、結構実践している人っているんですね。  今日書店で、『 40歳からの「3秒間」集中力鍛錬法』を購入。お手軽な感じですが、方法論がしっかりしていてためになります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空海の頭脳

 夢枕獏著『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻之四』読了。速読の練習のつもりで読んだんだけど、全4巻で2週間くらいかかってしまった。  面白かったです。空海って本当に天才ですね。虚空蔵求聞持法によって脅威の記憶力を開発したそうだ。印を結んで、百万遍真言を唱えるそうだけど、今の世でこの法を行じて空海並みの記憶力を開発した人はいるんでしょうか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

この世はすべて催眠術

 『この世はすべて催眠術―販売・説得・性格改善 会話しながら自然に催眠に入れてしまうNLP催眠法の極意』  現代催眠の本を買い集めた中の一冊。津田太愚氏が現代催眠を教わっていたという、吉本武史で書籍を検索したところでてきました。  これはこの手の本の原点なのでしょうか?今まで読んだ現代催眠の技法が書かれているだけでなく、無意識へのア…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

失踪日記

 吾妻ひでおさんの『失踪日記』読みました。  何事にもマニアックな傾向がある私は、10代後半、吾妻さんのシュールな感覚に惹かれ、かなりマンガ本を買い集めました。今も書庫に相当数眠っています。  思い返せば、『ななこSOS』が終わったあたり、新井素子さんの小説の挿絵を書いていたあたりで、プツッとみかけなくなったような気が。  あまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラゴン桜

 TBSのテレビドラマ『ドラゴン桜』。来週が最終回かぁ。残念。今日の回はちょっと密度が濃すぎたんじゃない?  偏差値36からの東大受験。マンガとわかっていても、わくわくしながら観てしまう。出演者たちに感情移入してしまい、自分も激しく勉強したくなってきました。    ドラゴン桜 (9)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抜付一歩前進

 『動く骨―動きが劇的に変わる体幹内操法』は本当に味わい深い本です。ステップアップ方式なので、その動作が体になじまないと次にいけない。というか行く気がしない。結構真面目なんです。  はじめて3ヶ月。地道に体幹内基本操作をやっています。最近居合の抜付が速くなった、というか体幹部を意識することで、腕の力みが今まで以上にぬけたの感じ。抜付の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニケーションのための催眠誘導

 コールドリーディングの本が面白かったので、早速その本に紹介されていた石井裕之さんの『コミュニケーションのための催眠誘導―恋愛、ビジネス、自己パワーアップ』を購入して読み始めました。  何気ない会話をしながら催眠誘導するテクニックについての本です。いかに女性を口説くかという観点が前面に出ていて、ちょっと下世話な雰囲気がしますが、書いて…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

一瞬で信じ込ませる話術 コールドリーディング

 駅の書店で石井裕之著『一瞬で信じこませる話術コールドリーディング』が目に付いたので、買ってすぐ読みました。  とっても面白い! 「コールドリーディング」とは、「まったく事前の準備なしで初対面の人を占うこと」、「人の心をその場で読むこと」  ニセ占い師、ニセ霊能力者の手口を暴くのみならず、このテクニックを普段の人間関係の中で生かす方…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

最近のトレーニング~アタマ編

 毎日、SSRの速読ソフト体験版をやっています。眼球の動きがかなりよくなりました。苦手なのは、フォト記憶といって、色付きボールや図形が数秒間表示されたのを、瞬間的に記憶してそれをこたえるというもの。私の短期記憶の中枢はかなり鈍いようです。でもこのソフトは面白いのでついつい時間を費やしてしまいます。  七田式の右脳開発のほうは、毎晩寝る…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

リハビリ読書

 まだ体調が不良です。アルコールを飲もうという気にもなりません。今日は一日休暇をとって寝転がって本を読んだり、昼寝をしていました。  今日読んだ本は、保阪正康著『あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書』。2・26事件から敗戦までの歴史を新しい史料、取材をもとに構成したもの。  これがとっても面白かった。考えてみれば学校でまと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

飲みすぎ

 週末にお祭りがあって、準備と片付けを含めてちょっと飲みすぎました。  反省。  肝臓を強くする食事を摂らないと。  はじめて知る肝臓病
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水泳

 今日は1.3Km泳ぎました。公営プールはそこそこ満員。かき分けて泳ぐのに苦労しました。  しかし泳ぎ方が下手な人がたくさん。もうちょっと正しいフォームで泳いでくれればいいのに。  といっても正しい泳ぎ方なんて、スイミングスクールに行ったことがある人以外は、知らないんでしょうね。  私は本とビデオで覚えました。ただし右肩の細かいじ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

いまだかつてない体重増加!

 今日ひさびさに公営のトレーニングルームにびっくり! 体重が約68Kg。はじめての数字。最近は66Kg程度だったのに。わき腹をさわってみるとむっちり。山に行くと食べ過ぎて太る傾向があるんだけど、さすがに今回はショック。といっても、体脂肪は17,7%だったので、一安心。とりあえず明日からまた運動して、体重を落としてみたいと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリーの速読ソフト

 ネットでフリーの速読ソフトを探したら、なかなかいいのがありました。  速読術パーフェクトマスター体験版  機能は制限されていますが、さびついた眼球のトレーニングにもなります。  これも毎日やっています。   http://www.vector.co.jp/soft/win95/edu/se373085.html
トラックバック:12
コメント:1

続きを読むread more

右脳の鈍さ?

 以前書いた七田式の右脳開発トレーニングをやっているんだけど、はじめて数日で、○△□などの図形の残像がはっきりみえたのに、ここ数日見えなくなってしまいました。なんでだろう?この間深酒して以来だからアルコールで右脳が破壊されたかしら。  この本で速聴に興味が出てきたので、田中孝顕・大木幸介著『速聴が10分でわかる本―超かんたん脳力開発法…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

消える動き

 夏休みに入ったので、武道書の再読を始めました。  黒田鉄山著『消える動きを求めて―鉄山パリ合宿記』  不思議な読み物です。日記風で、日々の食事の話などと一緒に武道の極意についても書かれている。エッセイ的でありながら専門書。黒田鉄山先生の理論は、参考になることが多い。読み返すたびに発見があります。  消える動きを体現するにはまだま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の水泳と動く骨

 とても暑かったので、仕事が終わってからプールに行きました。一年ぶり。プールではいつもクロールと平泳ぎを交互に1キロ泳ぐことにしている。  動く骨のトレーニングで、体幹部を屈伸、伸展させながら肩甲骨を動かすことがだんだんわかってきたところだったので、とくに平泳ぎの際、それを意識しようと試みた。しかし体幹部を動かすことで肩甲骨をよせると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゆる体操」でダイエット

 今日NHKの『ご近所の底力』を観ました。高岡英夫氏出てましたねぇ~。私は高岡氏の武道関係の本を何冊も持っており、ビデオも持っていたりしますが、今日久々にお姿を拝見しました。「武道家」という感じじゃなかったですね。でもそこがいいところなのかもしれません。さらにいえば今朝も奥さんのNIDOさんが「ゆる体操」の指導でテレビに出ていたようです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

忙しくても

 忙しくてブログの更新を怠りました。  でも「火の呼吸」、「動く骨(コツ)」、「胴体力」、「ゆる」のトレーニングはやってます。  この間、妻が高岡英夫氏がでているラジオ番組を録音して聞かせてくれました。  トレーニングしていけば、背骨が一つ一つ動かせるようになるのかなぁ。  動く骨(コツ)では、基本動作Ⅰ、Ⅱの準備動作をしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more