テーマ:FX

「10年大局観」で読む 2019年までの黄金の投資戦略

 ちょっとこの本はスゴイのではないか?  冒頭の緊張感あふれる為替トレードの実態も面白かったが、それ以降の投資戦略もビックリ!  ファンダメンタルズをほとんど無視。ファンダメンタルズは値動きのきっかけにしか過ぎない、  本当に意味があるのは黄金分割、フィボナッチ数列だという。  自分自身としては、『ダ・ヴィンチコード』で始めて知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?

 FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?  とはったりをかました題名の割にはとても真面目な本。  実は同名のDVDをTSUTAYAでレンタルしたことがある。  そちらは面白くなさ過ぎて眠くなってしまった。  どうせ似たような内容かと思いきや、結構具体的な内容が書いてあったので購入。  基本的には月足チャートを参考に売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資の王道 実践編 通貨証拠金取引

 ちょっと古い本だけど、かなり勉強になった。  一目均衡表の見方がわかってきた。  今までネットで仕入れた知識をたよりに日足、60分足、5分足、1分足と見ていたけど、月足、週足、日足を見ることで、短期のテクニカルポイントが理解できることがわかった。  損切り水準を運用資産の3~5%にして、トレンドフォローを徹底して売買すれば、そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お金は銀行に預けるな

 今をときめく勝間和代さんの代表作の一つ。  買ったのは2年前。積読のまま放置していた。  なるほど、日本人の働きすぎは、金融資産の運用に知識・関心が薄いからか。  うまく運用すれば、老後は老体にむちうって働かずとも大丈夫。  月々4万円を国内株式、国内債券、外国株式、外国債券の投資信託を積立購入していくだけで、 20年後、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『五輪書』と為替相場

 経済学検定、法学検定、シスアドなどいろいろ試みるが、意思弱く、次々挫折。  オツムにいい刺激はないか、と思っていたら、友人からFXのお誘い。  FX(外国為替証拠品取引)が今はやっているらしい。  1000円から取引できるところを紹介してもらい、少額ながらも実際に取引しながら、 勉強を始める。  お金がかかっているせいか、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more