テーマ:プレゼン

大人の文章術

 著者のホームページは月60万のアクセスがあるらしい。  ネットで検索するとブログにヒット。    ビジネスの話だけでなく、映画や本の感想、紹介、グルメ、 芸能関係など話題が広い。  どの記事も文章は簡潔でわかりやすく、ユーモアがある。  はたしてこの本。  同内容の本を読み続けてきた。  本書に書かれているテク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『教え方』教えます

 ビジネスに活かせるコーチングを超えた具体的な指導法。  「コーチング」を超えるなんて、何?  まずは冒頭の話題。  「親切に教えてやっているのに、いちいちかまわないで、とは何だ!」  こういうセリフは今まで何度か言ったことがある。  「誤解」  しかし本書では、これは「二つの理解」があるだけだという。  二つの理解を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「伝わる!」説明術

 「わからない」ことを「わかる」ように説明するには。  この本は、簡単に言えば、そのコツはアナロジーを使うことだという本。  超天才は難しいことを難しく理解することもできるかもしれないが、一般的な頭のいい人は、難しいことを自分なりのアナロジーで、簡単化して理解している(らしい)。  アナロジーといっても、でたらめに使ってはだめ。良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3分以内に話はまとめなさい

 「話は短く」というのはよく言われる。著者は特に「三」にこだわる。  「三」は「たくさん」の中の最少数字。「少なすぎることもないが、決して多くもない」数字。 と最初はカルロス・ゴーン氏のスピーチを例に、短いけれど感動のある話について紹介。  なかなか面白そうと読み進めると、その後は「自慢話はしない」、「数値化した表現は客観性を増す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あしたはプレゼン

 最近プレゼン本に凝っている。  結構似たような内容の本が多いが、それぞれそれなりに特徴がある。  この本は、導入で司会者への挨拶から入るところまで書いているのが新鮮で購入。  「海外研修」をテーマとして、報告型、提案型、説明型で展開例を載せている。聴き手に応じて、 重点ポイントも違ってくるし、表現も変わってくる。簡潔でわかりや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more